転職の成功と失敗、何が人生を良かったものとするものなのだろうという話

Pocket

3年ちょっと前、会社を辞めることを決めて、転職活動をしていた時期にある人に言われたことが今も頭に残っている。

「自分の周りではベンチャー/スタートアップに行って『成功した人』がいないから、頑張って欲しいし、その後の経過を聞かせて欲しい」という言葉。

その時は、「なるほど、やはり世の中甘くないなー、頑張らないとダメだな」と思っていたけど、その後スタートアップで働いて3年経って今でも改めて思うけど、その人に『成功』と思われるのはどういうことなのだろうか、頭から離れない。

今現在でも、会社の事業はまだまだこれからで、事業としてはこれから頑張っていけばいいと思うけど、自分の転職が成功なのか、失敗なのか、自分でもわからない。

前の職場にいても、きっと面白いと思う人生、仕事の経験はできていただろうし、今の職場では前職にそのまま残っていたら経験できなかった、数々の面白いことにぶつかっている。

頻繁に、「自分の人生がゲームのようにパラレルに生きることができて、セーブデータを選択するようにどちらで再び始めるか、選ぶことができればいいのに」と思う。
どっちもきっと、面白いに違いないと思う。いや、まだ3年だからこれから先で、どちらかの人生で嫌だなぁと思うことがあるのかもしれない。

まあしかし、人生は、ずっと選択の連続だから、ずっと面白いなんて甘いことはないんだけど、しかしその人の言っていた『成功』というのは何を指していっていたのかなぁとたまに思う。

今はまだ、転職してよかったのどうかを判断するには早いのだけど、いつかその話をその人としてみたいなぁとたまに思ったりするという備忘録。


その人は、当時も少し遠いところで仕事をしていた人で、当時からも直接連絡するようではなかった人なので、それ以来会ってもいないし、連絡してもいない。

まあなんにしろ、転職した人で顔が輝いている人の中には、前職の負を払拭できた人もいるし、どちらでも楽しくやっていただろう人もいるし、なんにしろその瞬間の満足度だけでは成功かどうかなんかわからないし、そんなこと言うと、一生どちらが成功かなんてわからないのが人生だと思うなぁと、ふと思い出した。

何を人生の良しとするかは、結局人生の最後まで分からないんじゃないかなぁ。

とりあえず、銭湯に行くとこんなことを思って、リセットして、非常に良い精神性で過ごせますよ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です