PLAID Camp 2019で #PICA秩父 に行ってきたよという話 #plaid_camp

Pocket

何の需要があるんだというのはありますが、1年経つと結構忘れたりするもので、ただの行ってきたよ話をまとめてみる。

ちなみに昨年の行ってきたよ話。

PLAID Camp 2018で #コロニー箱根 に行ってきたよという話 #plaid_camp | 銭湯おじさんの雑な感想
プレイドでいく全社合宿PLAID Camp。プレイドでは、全社合宿のことをCampと呼びます。Campという名前だけど、さすがにキャンプをするわけではなく、通常の宿に泊まりますが、2015年からはじめて今年で4回目。
PLAID Camp 2018で #コロニー箱根 に行ってきたよという話 #plaid_camp | 銭湯おじさんの雑な感想

内容自体に関しては外に出せないことも多いので、施設とか全体的な感想とか、ふわっとしたことの感想です。

Campってなに?

プレイドでは、全社合宿のことをCampと呼びます。
Campという名前だけど、さすがにキャンプをするわけではなく、通常の宿に泊まりますが、2015年からはじめて今年で5回目。
(どうでもいいですが、最近とある取締役がセミナーのことを「フェス」と言い出していて、フェスだのキャンプだのslackで飛び交っていて、一瞬不安になる。でも、ちゃんとしたビジネス活動の一貫。)

過去のCampの思い出。

プレイド初のキャンプをAirbnb使って、千葉に行きました!
プレイドとして初のキャンプの様子をお届けします。BBQあり、これからのことあり、充実のキャンプでした。
PLAID Spring Camp 2016 by marumo | PLOG 株式会社プレイド BLOG
今年は千葉県富津市の金谷で行ったプレイドのSpringCampの模様です。濃く、充実したキャンプでした。
ほぼ写真でお届けする、PLAID夏の全社合宿 | PLOG 株式会社プレイド BLOG
「PLOGを書き終わるまでが合宿!」と宣言しながら早1ヶ月、 こうなる事を予見していた広報のさくらいです。 今 …

今年のCamp会場

今年は、アウトドアフィールド『PICA秩父』。家族連れでCamp気分が味わえる施設、なのかな?プライベートでも良さそだなと思うくらい、綺麗で快適だった。

(流石に利用していないけど)、フォレストアドベンチャー秩父という施設も隣接されていたり、カート場があったり、面白そうだった。

PICA秩父に隣接する「フォレストアドベンチャー・秩父」
植林と自然林の混在する雰囲気のある森に、谷を超える6本のジップスライドを配置し、
国内最大級規模のパークになりました。小学4年生以上が対象の当施設は、
全コースを通して高い位置でのコース設計になっており大人の満足度を最大限に引き出すコースとなっております。

フランス生まれのアドベンチャー
森に入る感すごい

今年のCampやったこと

毎年それほど変わるわけではないけど、プレイドのCampではだいたい「インプット&考える」という至極当たり前のことをやります。
事業、組織、その他、普段の短期的な視点ではなかなかでてこない長期の視点でリフレッシュしながら考えるスタイル。

CEOのKurakenとCPOのNashibao(通称:シーポくん)からの恒例のインプットがあって、あとはちょっと違うコンテンツを作って聞くのが毎年のスタイル。大きくは変わってない。

ホールで集まって、セッション。ぎっちり

今年のCampのよかったところ

sli.do 使ったとこ

Q&Aとpollができるsli.doというサービスを今回は利用して、セッション中のみんなの感想などを書き込むことに。
sli.doの面白いところとして、投稿者の名前を設定できるけど、その後でもAnonymousでも投稿できる部分。

投稿ごとにどっちか選べる

実名で投稿してもいいし、実名で投稿しづらい場合や「誰が発言したか」に引っ張られるべきではない発言のときにはAnonymousで投稿することもできる。
特に、「誰が発言したか」に引っ張られるべきではないというのは面白い視点。

プレイドはほとんど役職や階層がいまのところないけど、やっぱり古い人などの発言を最近入った人が否定とかしづらいかもなぁと思うこともあるので、そういう際には良い取り組みだと思った。たぶん、slackで投稿を募っていたら、これほど発言は多くなかったと思う。

今までもよりもセッションの内容に対してみんなが思っていることを知ることができて、面白かった。

いろいろな人が話したこと

パネル形式でいろいろな人が話す機会があり、いろいろな話を聞けたのは面白かった。
100人を越えて、いろいろな経験や考え方をしている人がいるから、おもしろい。

夜の自由度があったところ

今年はコテージ形式で、けっこう防音性高かった。
そのため、恒例のBBQ後の夜の自由時間に、各々が好きな部屋で好きなメンバーや雰囲気で楽しんでいるという夜の雰囲気は良かった。

コテージなので、ふらふら出歩いて覗いてみて雰囲気見てみたり、「〜〜が盛り上がってるよー」という投稿あったりでメンバー変わったり、いろいろな雰囲気の場所があり、いろいろな交流があったのは週一おじさんも満足だったことだろう。

買い出し直後でちょっとあれてるコテージ外のテラス。夜は気持ちよかった
朝は綺麗なテラス

自分がモデレーターを務めたセッションの手応えがあった

神回、だった。


で、ここからは昨年のフォーマットに従って、施設の良かった点などを書いてみる。

PICA秩父の良かった点

都会の喧騒を忘れ、自然を楽しめる

この宣伝文句よく聞きますが、自分の場合は都会の喧騒のほとんどは会社の喧騒なので、会社の人と行くと喧騒忘れることができません。当たり前です。

まあそれはそれとして、宿泊施設がすべてコテージで森の中に点在しているスタイルなので、実際自然を楽しめます。
秋だったので、苦手な虫たちが少なかったのもGood。

朝の森。ただの森。
坂のアップダウンはちょっとマイナス

BBQができる

合宿といえばBBQと思っている私のような老害のせいで合宿候補地の選択肢が少なくなってしまうのですが、昨年のコロニー箱根では改修中のためBBQできなかったので、BBQができるということだけで楽しかった。

だがしかし、BBQ会場広すぎ問題で、BBQの良さの一つである「いろいろな人と話せる」ということがちょっと難しかったのが、惜しいところだった。

テントがオシャレスタイルのテントな件
ちょっと暗い。いや、だいぶ暗い。
ライトがおしゃれ風になる。ナイトモードで撮ってみたかった
なにやってんだろ、これ
CPOくん、肉を焼く

電車でのアクセスもいい

西武秩父駅からバスなどで約20分。池袋から秩父まで特急で78分らしいので、日帰りなどがしやすいのは子育て世代やどうしても宿泊で参加できない人にとっては嬉しい。電車で行けばよかった。

コンビニも遠すぎない

BBQで飲みすぎたのか、用意されていたお酒がほぼなくなり、急遽買い出しに。タクシーを呼んで15分位の距離だったので、なんとかなった。ただし、コンビニなのに買いすぎて、レジの店員さんが不機嫌になってた。あれは申し訳なかった。

PICA秩父のちょっと残念だった点

ホールは夜に使えなかった

おかげでBBQ後は各自解散。
夜に大人数で集まるのには向いていない。

大浴場が22時まで

サウナがあって最高だったのだけど、22時までだったのはちょっと残念。
そして、朝風呂にも対応してなかったのは少し残念だった。

水風呂もなかった

サウナがあるなら、露天か水風呂は欲しかったところ。
しかし、ただの宿泊施設に多くを求め過ぎかもしれない。

結論

今年も1泊2日、楽しい合宿だった(昨年のコピペ)。

この人数なので、合宿をするのも大変なのだけど、こういう機会を用意してもらえて、しかも参加するだけでいいって最高。
来年の合宿(あるかわからないけど)に参加したい人は是非このへんからご応募くださいませ。

株式会社プレイドの採用/求人一覧 – Wantedly
株式会社プレイドの採用・求人募集14件を掲載中。職種や採用形態からあなたにあった募集を見つけることができます。募集では「どんなことをやるのか」はもちろん、「なぜやるのか」「どうやるのか」や実際に一緒に働くメンバーについて知ることができます。
採用情報 | 株式会社プレイド
CXプラットフォーム「KARTE」を提供する株式会社プレイドの採用情報をご紹介。正しいリスクを取り、やりたいことで圧倒的な価値を生み出す仲間を募集しています。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です